ページの先頭です

飯能すいーとんご紹介

[2016年3月16日]

第11回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦「優勝」グルメ

飯能すいーとん

写真は飯能すいーとん(和風)

養蚕業が盛んであった昔、飯能では小正月(現在の1月15日)、米粉で作った団子や柑橘類を木の枝にさし、まゆ玉飾りをつくり繭の増収を祈りました。畑では毎年麦秋がみられ、地粉を使用したすいとんや、団子汁、うどんなど各家庭で普通に食べられていました。その後、経済成長の中で食文化は多様化し、現在私達は世界各地のあらゆる料理を口にすることができます。地産地消の考えが普及した今、飯能で取れる素材を活かし、かつて食べられていた伝統食をベースに現代の工夫を加え、和食、洋食、中華、エスニック料理までを視野に入れた斬新な飯能の食が創り出されました。それが「飯能すいーとん」です。

関連コンテンツ

記事タイトル

お問い合わせ

飯能市産業環境部観光・エコツーリズム推進課観光担当

電話: 042-973-2124 ファクス: 042-974-6737

お問い合わせフォーム