ページの先頭です

ひとり親家庭等医療費制度

[2016年9月12日]

対象となる方

●児童扶養手当の受給資格を持つ、ひとり親家庭の父または母とその児童

     ⇒ 児童扶養手当の受給資格については子育て支援課「児童扶養手当について」をご覧ください

●市内に住所があり、国民健康保険や健康保険組合などに加入している、ひとり親家庭の父または母とその児童

●養育者および養育者が養育する児童

※児童とは、18歳到達後の最初の3月31日までの方です。

対象となる医療費

保険診療による自己負担金の一部を助成します。ただし、健康保険組合などから支給される付加給付金や高額療養費を除いた額の支給となります。

一部負担について

市民税課税の方は、一部負担があります。

 ・外来の場合は、1つの医療機関等につき1人1か月1,000円

 ・入院の場合は、入院1日につき1,200円

 ※薬局における自己負担分については、全額支給します。

 ※市民税非課税の方は、受給者の一部負担はありません。

登録手続き

医療費の助成を受けるには、あらかじめ受給資格を登録し「ひとり親家庭等医療費受給者証」の交付を受けてください。

次の場合は届出が必要です。

・加入している健康保険や振り込みの指定口座など登録内容に変更があるとき

・受給者の住所が変わったとき(転居・転出)

・受給者が生活保護を受けるようになったとき

・他の医療費給付制度(重度心身障害者及び子ども医療費)の該当となったとき

医療費の申請方法

(1)医療機関等の窓口で加入している健康保険の保険証と「受給者証」を提示して受診し、一部負担金を支払ってください。

(2)「ひとり親家庭等医療費支給申請書」に必要事項を記入してください。

(3)医療機関で証明を受けて、保険年金課・各地区行政センター・飯能駅サービスコーナーいずれかの窓口へ提出してください(やむを得ない場合は郵送でも結構です)。

(4)申請書提出月の翌月に指定口座への振り込みにより支給いたします。

※医療機関での証明に代えて、領収書(受診者名・診療月・保険点数・支払額・発行日・発行者名が明記され、領収印が押印されているもの)の添付でも構いません。                                                                                                                                                 

※1医療機関・1か月ごとに1枚の申請書が必要です(入院と通院、診療と薬局が分かれている場合は別にしてください)。 

※1医療機関で1か月の保険診療一部負担金が21,000円以上の場合は、高額療養費の支給について確認するため、同意書を提出してください(認印が必要です)。なお、確認に時間を要するため、概ね3~5か月ほど支給が遅くなります。

※申請書・同意書は保険年金課等の申請窓口にて配布しています。

申請期限

申請の時効は、医療費を支払ってから5年です。

お問い合わせ

飯能市健康福祉部保険年金課

電話: 042-973-2117 ファクス: 042-973-2120

お問い合わせフォーム