ページの先頭です

高山不動尊(高貴山常楽院)

[2016年11月29日]

高山不動尊(高貴山常楽院)

白雉5年(654)開山。
千葉の成田不動、東京の高幡不動と並ぶ関東三大不動の一つです。
かつては山伏の修験道場として栄えていました。
現在の本堂は幕末に再建されました。
毎年、冬至に開帳されます。

ここには、国指定有形重要文化財、平安時代初期の木彫仏像、軍太利明王立像と県天然記念物になりました樹齢800年の大銀杏があります。

平成28年の御開帳について

平成28年の御開帳は12月21日(水)の冬至に行われます。

11時から40分ほど法要が行われた後、13時過ぎまでご開帳されます。

御開帳に合わせて、午前8時から午後2時までの間、西武池袋線「吾野駅」から送迎車が運行しています。

送迎車を降りた後、山道を10分ほど歩きますので歩きやすい服装・履物でお越しください。

 

高山不動と関八州見晴台コース〔約13.3km〕

西吾野駅-(15分)-間野-(60分)-高山不動尊-(30分)-関八州見晴台-(20分)-高山不動尊-(60分)-瀬尾-(40分)-吾野駅

グリーンラインに沿ったみち〔約22km〕

吾野駅-(3.6km)-顔振峠-(1.8km)-傘杉峠-(2.9km)-関八州見晴台-(1.9km)-飯盛峠-(1.2km)-ぶな峠-(2.2km)-刈場坂峠-(2.6km)-大野峠-(3.0km)-白石峠-(2.8km)-白石車庫バス停

 

※お越しになる際には、こちらをご確認ください。

関八州見晴台

武蔵、相模、下総、上総、安房、上野、下野、常陸の関東八州が一望できたことから、名付けられました。
360度の大パノラマが見事です。

関八州見晴台

お問い合わせ

飯能市産業環境部観光・エコツーリズム推進課観光担当

電話: 042-973-2124 ファクス: 042-974-6737

お問い合わせフォーム