ページの先頭です

住宅用太陽光発電システム等設置補助制度

[2016年5月11日]

飯能市から発信:太陽光発電の「自産自消」へ

‛‛太陽光発電システムは余剰売電型から自家消費型への移行を目指し、

                                     環境負荷の少ないクリーンエネルギーのさらなる普及を’’

 飯能市では、太陽光発電システムの「自産自消」を目指し、これまでの余剰売電型のシステム設置者に対する補助に加え、平成28年度から、発電した全量を自家消費するシステム設置者に対し補助する制度を導入しました。このほかに、太陽熱利用システム、定置用リチウムイオン蓄電池、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)を補助対象に追加しました。

 全量を自家消費する設置者への補助制度は、太陽光発電システム等について、余剰売電型から自家消費型への移行を目指すもので、全国の自治体に先駆けた制度となります。

 

飯能市住宅用太陽光発電システム等設置補助制度

補助対象

戸建て住宅、店舗等の兼用住宅(当該建築物の延べ面積の2分の1を超える面積を住宅の用途に供するものに限ります。

※集合住宅は対象にはなりません。

受付期間

平成28年4月14日(木)から平成29年2月28日(火)

※受付期間内であっても、予算額を超える申請があった場合は、受付を締め切ることがあります。

※郵送による提出は受け付けません。市役所別館2階、環境緑水課窓口まで直接ご提出ください。

【実績報告の提出期限について】

実績報告書の提出期限は、補助事業の完了後(既築住宅の場合は設置完了後、新築住宅又は建売住宅の場合は、建物の引渡し完了後)30日以内又は平成29年3月21日(火)のいずれか早い日までに、実績報告をしてください。

設備認定までに日数がかかる場合があります。認定までの日数等については資源エネルギー庁ホームページで確認をしてください。

【重要なお知らせ】

 原則は事前の申請ですが、平成28年4月1日(金)から平成28年4月13日(水)までの間に、設置工事に着手又は設置工事が完了した方、住宅の引渡しを受けた方は、必要書類を提出すれば補助対象となります。

 (該当する方は、「補助制度のご案内(1)」とあわせて「補助制度のご案内(2)」をご覧ください。)

補助金額

※対象システムに係る補助金の交付申請は、1対象システムにつき1回限りです。

補助制度のご案内

手続きをする前に、補助制度のご案内を必ずご覧ください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

手続きに必要な書類

手続きに必要な書類については、「補助制度のご案内(1)」をご覧ください。

※平成28年4月1日(金)から平成28年4月13日(水)までの間に、設置工事に着手又は設置工事が完了した方、住宅の引渡しを受けた方は、「補助制度のご案内(2)」もあわせてご覧ください。

様式は、以下からダウンロードできます。

交付申請時に提出する様式

※補助金交付申請書は、「両面印刷」したものを提出してください。

〇工事請負金額内訳(見積書)の様式例

※設置工事に着手又は工事が完了した日、住宅の引渡し日を証する書類

  • doc様式 工事着工等を証する書類

    平成28年4月1日(金)から平成28年4月13日(水)までの間に設置工事に着手又は工事が完了した方、住宅の引渡しを受けた方が、通常の書類のほかに追加で必要となる書類です。

計画変更(中止・廃止)時に提出する様式

実績報告時に提出する様式

※実績報告書は、「両面印刷」したものを提出してください。

発電量等のデータ報告時に提出するもの

補助制度に関する規則等

飯能市住宅用太陽光発電システム等設置補助金交付要綱

関連情報

住宅に関する飯能市の補助事業(抜粋)

お問い合わせ

飯能市産業環境部環境緑水課

電話: 042-973-2125 ファクス: 042-971-2393

お問い合わせフォーム


住宅用太陽光発電システム等設置補助制度への別ルート