ページの先頭です

駿河台大学野村ゼミナール企画展示「飯能焼~火と土と職人の技~」

[2014年6月30日]

期 間 等

◆開催期間  6月8日(日)~6月22日(日)

◆開館時間  午前9時から午後5時まで

◆期間中の休館日  毎週月曜日

内容

ポスター

 
 将来学芸員を目指す駿河台大学の学生が企画、実施した展示です。
 今回は飯能焼をテーマとし、その魅力を伝えるだけでなく、飯能焼が秘めた可能性について提案しました。

「飯能焼」展示風景

 


 飯能市には「飯能焼」という伝統的な焼き物があります。
 江戸時代に最初の飯能焼が誕生しましたが、明治時代に姿を消してしまいました。これを復活させようと、昭和時代に入って再び飯能焼が作られました。また、「飯能焼」と冠してはいないものの、現在市内の窯で焼き物が作られています。
 何人もの陶工がこの飯能の地に魅せられて作陶をしているのです。
 

飯能焼き風景

 
 
 本展示では、「飯能焼」とはどのようなものか、歴史や製作方法、「飯能焼」のルーツについて解説するとともに、クイズや実物を交えることで、子どもにも分かりやすく、楽しく学べる展示にします。私たちが考えた「飯能焼」の可能性を提案した企画も紹介し、「飯能焼」が身近な存在であると知っていただきます。さらに、市内にある「飯能焼」に関係する場所も紹介することで、展示だけで完結させず、さらなる興味をもっていただけるようにします。そして、本展示が「飯能焼」を見つめ直し、焼き物の新たな利用について考え、郷土に誇りを持っていただくきっかけになることを期待します。 

関連事業

茶会

◎特別企画「飯能焼でお茶を飲もう」

   実施日 6月15日(日)・22日(日)

   定員  30名(先着)

   場所  郷土館 休憩コーナー


  ☆お茶会は二日間ともとても好評でした!

お問い合わせ

飯能市教育委員会教育部郷土館

電話: 042-972-1414 ファクス: 042-972-1431

お問い合わせフォーム