ページの先頭です

子ども医療費制度

[2015年7月28日]

対象となる方

子ども医療費の助成の対象者は、次の3つの条件を全て満たしている方です。

 1 飯能市に住民登録をしている

 2 国民健康保険や健康保険組合などに加入している

 3 0歳から中学校3年生まで(満15歳に達した日以後の最初の3月31日まで)の子ども

 

以下の場合は対象となりません。

 ・生活保護を受けている

 ・児童福祉法に定める施設、国及び地方公共団体が負担している施設に入所している

 ・児童福祉法に定める里親に委託されている

対象となる医療費

対象になるもの

  1 健康保険の適用される医療費(高額療養費や附加給付金等の支給がある場合は、それらを控除した額)

  2 補装具(医師の同意による処方の場合で、同意書等が必要)

 

対象にならないもの

  1 健康保険適用外の費用(健康診断・予防接種代・薬の容器代・入院時の個室料・おむつ代など)

  2 診断書、証明書にかかった文書料、手数料

  3 交通事故などの第三者行為による医療費

  4 保育所、幼稚園、学校等での傷病であって、日本スポーツ振興センター法による共済給付が適用される場合

登録手続き

 子ども医療費の助成を受けるには、受給資格の登録が必要です。登録すると「子ども医療費受給資格証」が発行されます。

登録がお済でない方は、次の3点をお持ちになって、保険年金課窓口までお越しください。

 (1)子どもの名前の入った保険証

 (2)保護者の口座番号のわかるもの

 (3)印鑑

 

次の場合は届け出が必要です

  ・加入している健康保険や振り込み金融機関に変更があるとき

  ・受給者または対象となる子どもの住所が変わったとき(転居・転出)

  ・受給者または対象となる子どもが生活保護を受けるようになったとき

  ・重度心身障害者医療の給付を受けるようになったとき

  ・児童福祉法に規定する小規模居宅型児童養護施設を行うものまたは里親に子どもが委託されることになったとき

医療費の支給方法

現物給付

 飯能市の指定医療機関で受診される場合は、「子ども医療費支給資格証」と「健康保険証」を一緒に提示すると、医療費の窓口払いが不要になります。(健康保険適用外の費用は対象外)

償還払い

  次の場合は、窓口で健康保険の自己負担分をお支払いいただき、後日、保険年金課に医療費支給申請をしてください。 

 ・指定医療機関以外で受診された場合

 ・1医療機関で1か月の保険診療一部負担金が21,000円以上になった場合

【償還払いの申請方法】

 

 1医療機関・1か月ごとに1枚の申請書が必要です(入院と通院、診療と薬局が分かれている場合は別にしてください)。 

 申請には医療機関の証明または、領収証(子どもの名前、保険点数、受領印が明記されているもの)の添付が必要です。

 

 1医療機関で1か月の保険診療一部負担金が21,000円以上の場合は、同意書が必要です。(高額療養費の支給について確認するため)また、確認に時間を要するため、概ね3~5か月ほど支給が遅くなります。

申請期限

 申請の時効は、医療費を支払ってから5年です。

お問い合わせ

飯能市健康福祉部保険年金課

電話: 042-973-2117 ファクス: 042-973-2120

お問い合わせフォーム